2007年08月31日

ルートヴィッヒ美術館コレクション ピカソ展

今日は9月1日より 10月8日(月・祝)まで

岡崎市美術博物館で開催される「ピカソ展」を

ご紹介します。

ドイツの実業家ペーター・ルートヴィッヒとその妻イレーネは、

第二次世界大戦以後、た多面的な顔を持つピカソの仕事を

総観できる包括的な作品収集を行い、880点にのぼる欧州随一と

言われる充実したコレクションを形成しました。




本展では、ケルン市立ルートヴィッヒ美術館に遺された

彼のコレクションの中から、油彩、水彩、版画、彫刻、陶芸など

99点にのぼる多彩な作品をご紹介するとともに、友人であった

写真家ロベルト・オテロが、1960年代後半から晩年までに撮影した、

ピカソの様々な表情を収めた写真30点もあわせて展示されます。

知っているようで知らないピカソの全貌を心ゆくまで堪能できると思います。


また、岡崎市美術博物館も高台の自然の中にあるすばらしい建物です。


岡崎中央総合公園の中にあるミュージアムは、全面ガラス張りで
シンプルな建物です。

内部も光が満ちあふれ、空を見上げることができます。

恩賜池からエントランスへと続くスロープの眺めは、それ自体が

まるでオブジェのよう。訪れる人を迎えるように配置された

霧の噴水や真っ直ぐにのびた「風の道」など、

公園内の深緑とともに、トータルにデザインされた景観は

まさに「癒し」なのです。

涼しくなったら行ってみたいと思っています。

一度足をはこばれてはいかがでしょうか。

  

Posted by aries at 18:10Comments(0)TrackBack(0)その他

2007年08月26日

新作「サン・ジェルマン・デ・プレ」

笹倉鉄平先生の新作「サン・ジェルマン・デ・プレ」
~St.Germain des Pres~
9月リリースされます。



紅葉時期の夜景です。

散歩をさせていた子犬が見知らぬ女性のそばに寄っていって

しまい、なかなか離れようとしなくなってしまった青年の、困惑した

様子を描いてみたのだそうです。

先生の絵に必ずと言っていいほど登場するわんちゃん。

先生が以前飼ってみえた愛犬『ナル』ちゃんでしょうか。

1996年リリースの「ヘルフスト」に次ぐ、正方形の極小品

サイズとしては二番目に小さなものです。

「狭いスペースに、どこでも掛けられる様な小さな作品が

あったら・・・」というお声を随分以前から多く聞いており、

それに応えられる一点となり得るのではないでしょうか。

¥131,250 (額付税込価格)

当店の額装は作家仕様となっております。

ご希望の方は展示用作品をご用意いたしますので

お問い合わせください。
  

Posted by aries at 16:09Comments(0)TrackBack(0)笹倉鉄平

2007年08月24日

名古屋「あきない塾21」講座に思う



昨日名古屋「あきない塾21」講座を受けさせていただきました。

講師はマリオットアソシアホテル 総支配人 四方啓暉氏で

テーマは「満足を支えるハイクオリティーサービス」でした。

さすがに東洋ホテルをへて大阪全日空ホテルシェラトン、

ザ・リッツ・カールトン大阪を立ち上げた方だけに物腰も柔らかで

お話もお上手かつ内容の濃いものでした。


現在のホテルのCG(顧客満足)の考え方→具体的な取り組み→

教育→ES(社員満足)→CD(Customer Delight お客様の

喜び)という流れでお話されました。

当店の規模に当てはめるには難しいものがありますが、最終的な

CD(お客様の喜び)は同じであるからして、私もこのCS(顧客

満足)を考えなければいけないと思ったと同時に、ES(社員

満足)の大切さを痛切に感じました。

直接顧客に接する社員のやる気を持続させ引き出し、明るく

前向きに笑顔でマリオットのサービス精神ベーシック20ヶ条

通りに皆が頑張り、社員が認められ自身が成長していると言う

意識を持たせることの大切さ。


最後にその全責任は総支配人の自分だと言う四方氏の言葉に

ジーンときました。


全然話は飛びますが甲子園初優勝の佐賀北高校の監督と

ナインに通じるものがあるのではないかとも思いました。


私は一人で全部を担っていくんだと心引き締まる思いになりました。
  

Posted by aries at 13:51Comments(0)TrackBack(0)思うこと

2007年08月18日

日本の美

先日お話した校長先生の個展 行って参りました。
場所は電気文化会館 5階ギャラリー西(地下鉄 伏見)



入り口を入ると畳二畳ほどの大作が数点、
他数十点の作品が展示されていました。
先生が60歳になられる今までに描かれた
お気に入りを展示されたそうです。

墨の色 一色の中にいろいろな墨の色を見ました。
墨の色だけで表現された作品は凛としていて
何色も使った絵画に劣らない深い味わいのある
作品でした。

明日の17時までです。
お時間のある方、足を運ばれてはいかがでしょうか。


  

Posted by aries at 22:37Comments(0)TrackBack(0)その他

2007年08月17日

「シャングリラⅢ」夏季休暇の贈り物

この度長期休暇をとらせて頂きましたので
先日は流星群の観察でしたが
今日はユーミンのスペクタクルショー
「シャングリラⅢ」を楽しんできました。




久しぶりのユーミンが手の届きそうなところで
歌い、踊り、サーカスあり、シンクロナイズドスイミングのショーありで
夢のようなショーでした。
出演者のコスチュームもすばらしいデザインで
うっとりするばかりでした。

彼女の毎回の挑戦には目を見張るものばかりで
お客様を楽しませたいと言うプロの心意気が
窺がえます。
私とはまったく次元もレベルも違いますが
いつもあんな女性でありたいと憧れています。

さて 明日はお世話になった息子の校長先生の
個展に出かけたいと思っています。
お楽しみに
  

Posted by aries at 00:37Comments(0)TrackBack(0)その他

2007年08月15日

ぺルセウス座流星群を見る

先日、ペルセウス座流星群について書きましたが、
書いたからには見なくてはと思い、郊外に住む親しいお友達の
お宅に乱入し、ビップ待遇で午後11時頃から空を見上げながら
観察させていただきました。
雲が多く、切れ間を待ち
睡魔と蚊の攻撃に耐えながら数えること5個。
多いほうかもしれません。
(国立天文台の統計を見ると面白いですよ)
顔2




お願い事をする余裕はありませんでしたが
久しぶりに会った親友と夜空を見ながらのひと時は
楽しい時間でした。

さてart space ARIES のARIESは
おひつじ座からつけました。
星に興味があるのも何かのご縁でしょうか。
皆様はどれだけ見ることができましたか
  

Posted by aries at 01:06Comments(6)TrackBack(0)思うこと

2007年08月12日

夏季休業のお知らせ

セミの声が暑さを増す今日この頃ですね。

夏の休暇はどのようにお過ごしでしょうか。

当店も長いお休みを頂きます

8月13日(月)~20日(月)

宜しくお願いいたします。




日本で富士山に次いで高い山です。
思い出の山「塩見岳」標高 3,047M
いつかもう一度・・・





  

Posted by aries at 18:13Comments(0)TrackBack(0)その他

2007年08月12日

ペルセウス座流星群に思う

東の空で3つの1等星、こと座のベガ、わし座のアルタイル、はくちょう座のデネブを結んだ「夏の大三角」が高く昇る季節になりました。
そして12日から13日にかけてペルセウス座流星群が極大をむかえます。
星とはなんと神秘的なものでしょうか。いくつになっても流星を見るとわくわくするのは私だけではないと思います。
今年は新月と言う好条件の中、13日の未明にピークを迎えます。
できれば直接明るい光が目に入らない郊外に出かけていって見たいものです。

笹倉先生の作品の中に「スター・アトラス/北星図・南星図」という作品があります。





笹倉先生はどんな思いで星座を大空に描かれたのでしょうか。

当店にて「スター・アトラス/北星図・南星図」のポスターを販売しております。
一度ご覧ください。
額付38,000円→30,000円にて販売中






額サイズ   

Posted by aries at 00:16Comments(0)TrackBack(2)作品

2007年08月03日

盆おどり3

台風も何とか去っていきましたが、蒸し暑さが倍増しました。
明日からの盆おどりもなんとか開催できそうで嬉しく思います。

販売する作品をまた紹介します。



ワンちゃんのバスケット


フェアリーの壁掛け

いかがですか
  

Posted by aries at 17:45Comments(0)TrackBack(0)その他

2007年08月01日

ARIES 一押し笹倉鉄平作品

笹倉鉄平先生について書くことはなかなかありませんが先生と最初にお会いしたのは
名古屋の某画廊の笹倉鉄平展示即売会でした。
まだお店を始める前で、いずれは先生の作品を販売できたらと足を運びました。
一度拝見したとたん恋に落ちたと申しましょうか(鯉が落ちたともいいます)
もちろん作品と先生の両方にですが、絶対先生の作品を扱いたいとビビッときました。


まだ作品は買えませんでしたが作品集を購入しただけでとても素敵な色紙に
サインを頂きました。
人柄が溢れるばかりの作品とサイン会でした。
今では版元推奨店として先生の作品を取り扱うことができて幸せですが、
お客様に私の幸せお分けできたらと作品を紹介・販売したいと思っております
昨年の年末、某ホテルのラウンジでお茶をご一緒する機会がありました。
相変わらず紳士で素敵でボッとしそうでしたが、せっかくのチャンスだから
お話しなくてはと出た言葉が「先生は海外に行かれてサッとスケッチして
チャチャッと描かれるんですよね」などと口走ってしまいました。
でも先生はぜ~んぜん気になさらず「皆さんそうおもわれているみたいですが
一人で作品を作り上げるには生みの苦しみがあるのですよ」と言われました。
質問をした自分が恥ずかしくなりましたが、私も小さなデコパージュの作品を作るときに
色・デザイン等先生の作品とは比べるレベルではありませんがそれなり
思考錯誤することを思うと、大変な思いで作品を描かれるのだと思いました。
そんなひと時、先生のお人柄ですばらしい時間をいただけてとても嬉しかったことを
思い出します。
そんな先生の作品をもっと紹介できるよう頑張りたいと思っております。  

Posted by aries at 18:28Comments(0)TrackBack(0)笹倉鉄平